琵琶湖岸緑地「南三ツ谷公園」はファミリーキャンプに良いところ!

滋賀県彦根市の湖岸に位置する「南三ツ谷公園」に、先日ファミリーキャンプに行ってきました。

とてもオススメな所だったので、虹やブログでも紹介したいと思います!

 

南三ツ谷公園、どこにある?

滋賀県彦根市南三ツ谷町の湖岸に位置する、この公園。

彦根では火気の使用できる唯一の公園です。

実際、キャンプやバーベキュー、焚火台での焚火を楽しんでいる人がたくさんいましたよ。

それでも、公園は広々としているので窮屈感はなく、のびのびと遊べました!

琵琶湖に隣接してるので、景色も最高!

瀬田を出発して、寄り道せずにちょうど1時間くらいでした。

 

南三ツ谷公園の良いところは?

たくさん良いところがあった、南三ツ谷公園。

その魅力をちょっと紹介したいと思います!

 

火を使用できる!

このエリアでは唯一となる火気使用可な公園。

なので人気も高めです。

薪は一応持参しましたが、けっこうたくさん枝などが落ちてるので、それだけでも十分だったかも。

ここも自然保護のため地面への直火は禁止されています。

もちろん消し炭などの放置も厳禁です。

ルールを守って利用しましょうね。

 

トイレがキレイ!

管理の行き届いたトイレがあるのも魅力。

写真は、水洗式のトイレです。

これ以外にももう1箇所、汲み取り式の旧トイレも使用できます。

我が家はテントを張った場所が旧トイレのほうに近かったので、旧トイレを使用していました。

新トイレは夜間消灯していましたが、旧トイレは夜間も点灯してくれてたので、夜中に子供をトイレに連れていくのにも助かりました。

ちなみに、トイレでの洗い物は禁止されていますので、気をつけてくださいね。

 

遊具がある!

公園内に遊具スペースがあり、こんなに豪華な総合遊具があります!

また、大人にも嬉しい健康遊具も点在しており、ストレッチや軽い運動にも良かったですよー。

総合遊具はもう1つあったのですが、それは部品ゴムの劣化により使用禁止となっていました。

まあでも、この総合遊具だけでも十分!

子供たちも夢中になって、数時間も遊んでいましたよ!笑

遊具に目の届くところにテントを張れば、遊んでいる子供たちをいつでも視認できるので安心ですね。

 

駐車場がまあまあ広い!

駐車場が広いのは、とても助かります。

レジャーシーズンはそれでもいっぱいになるかもしれませんね、まだ夏などには来たことがないので未調査です。

駐車場とテントを張るのに良い場所とが近くて、荷物を運ぶのが楽でした。

これ重要ですよねー。

おそらく皆が同じ考えで、テントはほとんど駐車場の近くに張られるので、ちょっとひっそり感を楽しみたければ、駐車場から離れたところにテントを張ればよいと思います。

公園はとても広いので、そんなひっそりポイントもたくさん。

ただ、そうするとトイレも遠くなります。

 

自然味があり景色も良い!

湖畔に出ると、こんな景色。

対岸の、比良山系の山並みが一望できます。

北側を望めば、湖岸に連なる木々が美しい。

湖岸から離れると、木が点在してて地面はフラット。

地面はそこそこ水はけも良く、土の締まりもよくペグもしっかり固定でき、テントを張るにも最適です。

暖冬だった今年でも、3月のこの週末だけは寒波でなかなかの寒さだったにも関わらず、キャンプをしている人がちらほらと。

ここの環境の良さをみんな知ってるんですね。

 

 

我が家も、南三ツ谷公園を満喫しました!

到着した日は、時折冷たい雨のパラつく荒天。

風速10mという予報だったけど、湖岸はモロに風を受けるので、体感的に風速15mくらい。

前回の琵琶湖畔キャンプよりはマシだけど。笑

薪になるものもけっこう落ちてて、ちょっと歩けば枝がたくさん集まった。

あまりの冷たい風に、タープは完全に風除けとして使って、テントの風裏で晩ごはん。

翌日は晴天という予報だったので、晩ごはんを食べて、子供たちを寝かせて、大人の晩酌タイムも短めに、早めの就寝。

予報通り翌朝は気持ちのよい晴天。

風除けにしていたタープを張りなおして。

でも気持ちいいから青空のしたで朝食!

散歩をすれば、おもしろい形の木々。

「あのベンチ」風にアウトドアチェアを置いてみて、ここでコーヒー。笑

でもまた昼過ぎには雨の予報になっていたので、早めの撤収。

遊具でしこたま遊んだ子供たち、撤収中のテントをジャーンプ!

飛び越えられずにテントが踏まれていく。笑

 

南三ツ谷公園、大好きになりました☆☆

 

 

シェアする