タフワイドドームIV/300を春夏秋冬使い倒す!タープ連結も!

ファミリー用テントとしてトンネル型を長らく愛用してきましたが、ドーム型に切り替えました。

最大のポイントは「設営が超ラク!」という点でしょう。

そして実際、かなーり楽に設営できるようになり、しかもメチャクチャ早い。

ファミリーキャンプ用の標準テントになりました☆

 

我が家の選んだ「コールマン タフワイドドーム」の様子をレビューします!

 

 

コールマン タフワイドドームIV 300

こちらが、我が家の選んだテント。

 

ライト兄弟が友人動力飛行に成功する2年前の1901年、アメリカのカンザス州にてウィリアム・コフィン・コールマン氏が「Coleman」を創業。

ランプの製造からその歴史は始まり、以降120年以上にわたりキャンパーに愛され続けるブランドとなっていますね。

わたくし虹やんも一番最初にえらんだテントがコールマンで、以降たくさんお世話になり信頼しています。

 

そんなコールマン製品のなかでタフワイドドームといえば、定番中の定番として知られるモデル。

コールマンのドームテントはロングセラーになる名品が多いです。

虹やんもツーリングドームLXとSTなどで、長らくコールマンのドーム型テントにはお世話になっていますよ。

 

300サイズの設営はこんな感じ。

収納サイズは25×75cmで大型テントとしてはコンパクト、重量は11.6kgです。

タフワイドドーム300の「300」とは、インナーテントの広さのこと。

インナーテントが300×300cmの正方形です。

そのサイズにあうグランドシートを敷いて、設営スタート!

グランドシートやインナーシートまで付属しているセットが多いですが、うちは耐水性と耐久性の高さから、あえて白防炎シートを使っています。

インナーテントを広げ、メインポール2本を通します。

メインポールは耐久性の高いアルミ合金製ですね。

そして4隅にこういう固定クリップが付いているので、ポールをこれに差して固定します。

こんな感じで差していきます。

奥までしっかり差し込みましょう。

ドームテントの良いところは、4隅にポールを固定すればすでに自立してくれるところ。

各所にあるクリップをポールにつないだら、骨組みは完成します。

↑前室用のポールはこのように取り付けて。

ここは負荷がさほどかからないので、ポールはFRP製です。

そこにフライシートをかけていきます。

内側にベルクロが付いているので、それでポールとフライシートを固定していきます。

あと短いポールが2本付属するのですが、後室のひさし用と、天井の通気口用です。

↓こういうグロメットがありますので、それが目印。

ちなみに短いポール2本は使わなくても問題ナシですよ。

さて、これにて完成。

ひとりで10分もかかりません、めっちゃくちゃカンタンで早い!

 

テント設営も簡単ならタープも簡単に。

前室のひさし部分をふつうに付属のキャノピーポールで立てることもありますが、我が家はワンタッチタープに連結して使います!

色はアレなんですが…笑

便利ですよ、めちゃくちゃ楽で早い。

こんな感じで、リビングスペースがカンタンに延長できます。

これ含めてトータルで10分くらい、もちろん撤収も爆速ですよ。

ペグ止めもできるし、意外と風にも耐えてくれます。

もう10年以上使ってるので、次はこういうイイ感じの色のに買い換える予定です!

 

コールマンのドームテントは最高です。

テントもいろいろ、ドーム型だけでもいろいろ多くのテントが存在します。

だけど、離島のえげつない嵐から守ってくれたのも、風雪から守ってくれたのも、氷点下の海辺でぬくぬく過ごせたのも、夏をすずしく過ごせたのも、みーんなコールマンのドームテントでした。

そして15年前の旧型テントの補修パーツをストックしてくれていて修理できた、コールマンの信頼性にも感動しました。

 

我が家はこれから、コールマンのタフワイドドームでいきます!

春夏秋冬、何年にもわたって使い倒していきますね!

ちなみに予備も含めて2張買いましたよ。笑

それくらい間違いないテントです。