ダイソーで600円の振り出し竿を買ってみた!リールはやめた。笑

100円ショップのダイソー釣り具は、いろいろ使えそうなのが増えてますね!

ちょい投げ釣りに良さそうな210cmの振り出し竿が600円で売ってたので、試しに買ってみましたよ。

リールも売ってたけど、さすがにガタつきなどが気になったので、やめときました。笑

それでは、ダイソー竿を細部まで見ていきましょう!

 

ダイソーの釣り具コーナー

さすがに何でも売ってるわけではないけど、100均でここまで揃えばスゴイですよね。

買わなかったけど、リールまで売ってるもん。

まあしかしリールはあまり安すぎるのはライントラブルの元になって超ストレスなので、最低でも↓これくらいのは用意したいですね。

釣り初心者向けセットを万年愛する私のおすすめ釣具たち!

でも、釣具屋に行く前にまずダイソーに寄って、100均で揃わないものだけショップや通販で買うというのも、今はアリかもしれませんね。

ルアー関連もそれなりに揃います。

メタルジグやメタルバイブ、アジング用ワームとジグヘッド、それにジグサビキなど、まあまあトレンドに寄せた内容なのもすばらしい。

そしてそんなダイソー釣り具コーナーで見つけちゃったのが、今回の振り出し竿です。

600円なら…うん、買ってみよう。

ちょうどジナン用のサビキ竿の竿先が折れてしまったところだし、210cmという子供にも扱いやすい長さだから良いかも。

ガイドの数が4つなのは…さすがに本格的にルアー投げたりは難しそうだけど、ちょい投げ程度なら大丈夫かな。

 

ダイソー振り出し竿の細部を見てみる。

さて、ぷらっと寄ったダイソーでゲットしてきた釣り具たち。

いつもエギやルアーや小物類はよく買ってるけど、竿は初めて。

100均エギでも、秋イカくらいなら釣れちゃうし。

コスパ最強ですよね、100均の釣具。

さて、今回は竿ですよ。

袋から出してみます。

ちょい投げ・サビキ釣り・胴突き釣りなど、と書いてあります。

竿の素材はグラスファイバー製。

グリップ部はEVA樹脂。

まあ当然ながら重いです、安い竿だし。

でも子供に使わせる竿なら、これくらいチープなほうが気にせずガンガン使わせてあげられるので、安いというのは一つの機能なのですよ。

だからグリップから接着剤がちょっと飛び出してたって、気にしてはいけません。

ガイドはこんな感じ。

頼りないのが4つ。笑

でもそれでいいんです、ちょい投げ程度だし。

もうすこしガイドの直径がリール側ほど大きく、竿先側が小さくなっていたら、ライントラブル減りそうなんだけど。

600円の竿に求めてはいけません。

竿先はオレンジ色になっていて、視認性よし。

テレスコピックタイプの竿なので、コンパクトに持ち運べてイイですね!

竿先ガードが付いているので、運搬中の折れなどもある程度は防いでくれます。

カンタンな説明書つき。

 

仕舞い寸法は?

表示がなかったので測るまで分からなかったのが仕舞い寸法。

55cmでした。

やばっ、手持ちのパックロッド用ケースに収まらないかも!?

竿先ガードを付けたら57cmくらい。

ケースには入らず…

困ったなぁーと思ったけど、100均ロッドなんだしカットしちゃえ!

ということで、もちろん竿先をカットしたのではなく、竿先ガードのフック部分をハサミでカット。

カンタンに切れます。

そしてこのフック、要りませんしね。笑

これでなんとかギリッギリ、ロッドケースに収まりました。

購入をご検討中のあなた!

仕舞い寸法は55cm、竿先ガードつけて57cmですよっ!

ケースのサイズをよくご確認ください!

 

ダイソー竿を使ってみた!

予備で持っていったのですが、ガイドの数が少ない方が扱いやすいと感じたようで、チョーナンが好んで使っておりました。

堤防でサビキ釣りや胴突き釣りをする程度なら、ホントこれだけで遊べますね。

けどやっぱり重いし、竿先もあまりしなやかではないので、結局はふだんの竿に戻しました。

 

…正直な感想。

ダイソー竿を使ってみた感想、正直に言いますと。

…予備の予備くらいなら良いかな。笑

 

600円にしては上出来かと思いますし、安さも一つの機能です。

素晴らしいと思います。

 

ただ、メインにはなり得ませんね、当然。

いつも安物の初心者セットレベルのものを愛用しているワタクシ虹やんですが、やはり少なくとも↓これくらいの道具は必要かと。

ルアーやエギや小物類は、なくすことも考えると、100均でも良い場合もありますね。

ダイソーの釣り具は安いのに良くできてるけど、リールとロッド(竿)くらいは少なくとも数千円かけるべきだと思います。

 

でも600円なら…試してみる価値はある!?

…うーん、やっぱ数千円はかけましょう!

 

 

 

シェアする