【福井県の釣り】小浜新港でアオリイカ狙い!釣果は?【10月】

秋イカに遊んでもらいに、福井県の小浜新港へ。

ここはやっぱりイイですね、駐車スペースが広くてトイレも数カ所あって、釣り座の足場もよく、なにより狙える魚種が豊富!

ド定番で人気の釣り場ですが、この日はびっくりするほど人が少なかったです。

予定上わずか2時間程度の釣りでしたが、釣果のほどはイカに!?

 

実績のある赤灯台をねらう。

釣り開始は16時頃。

同行者は、春も一緒だったエノチ。

それとウチの店の常連さん。

それにしても人が少なかったなぁ。

何度も来てるけど、こんなことは初めてです。

 

いきなり掛かったのはコウイカ。

いつもながらの釣具セットから取り出したエギは、オレンジ系の定番カラー。

近所のスーパーのアウトドアコーナーで149円で売ってたやつ。笑

いやホント。

こういう安いエギでも、めっちゃ釣れるわけじゃないけど一応ちゃんと釣れるんですよ。

竿だってイカ専用じゃない万能ルアー竿みたいなのだし、糸なんて激安のナイロン3号です。

 

ちょっと時間的にまだ明るいので、地味系がよいのかなーとグレーっぽいエギに変更したら、あらすぐ釣れた!

まずはコウイカでしたー。

でもこれ、肉厚でおいしいんですよね。

好きです。

ちなみにこのコウイカ、エギを回収するときに足下まで追ってきてるのが見えてたので、ちょっとステイさせてみたら抱きついてきました。

ほんと海面で見え見えだったので、かかる様子までよく見えて面白かったです。

 

ちなみにこのエギは、どっかのホームセンターで買った108円のです。笑

 

暗くなってきたところでアオリイカ!

17時をまわり、すこし暗くなってきたところで定番オレンジ系のエギに戻す。

この日は風がそこそこあり、沖にむかって飛距離がよく出た。

エイヤッ!と3人そろって遠投し、着底してからシャクリとフォールをくりかえす。

巨漢エノチが先ほどのコウイカの墨被害Tシャツを披露。

ごめんって。笑

 

そして足下まで帰ってきたエギを回収しようとリールを巻くと、グーンと重み。

きた!

お、なかなか引くぞ?

そして…

念願のアオリイカ、ゲットぉー!!

いやー春のイカにはフラれっぱなしだったので、実に1年ぶり。

思ったより大きいじゃないか。

以前は釣れたらすぐハサミでさばいて、釣り座でアオリイカお刺身パーティ開催してたけど、わたしも少しは大人になったようです。

〆たらすぐにビニールに入れて、クーラーボックスへ。

 

このイカ2杯に、エノチと常連さんの焦りを感じる。

次第に険しくなっていく二人の顔に、だんだん私も焦る。

この日は予定があって、2時間くらいしか余裕がないのだ。

 

「さっきから足下で釣れてるから、回収ぎりぎりまでエギに集中!」とテーマ共有して、ふたたびキャストを続ける。

すると…

エノチがエギ回収の直前に「あーなんか引っかかったかな。」とボヤく。

虹やん「ちゃう!多分それイカ!!」

エノチ「…なんやとー!?」

 

おりゃあー!と力強く引きぬいたそれは、まさしくアオリイカ。

うおぉー!!やったー!!!

エノチ念願の初アオリでした。

 

しかし10月でもうこんなに大きいんですね。

これなら刺身で満足な量を食べられます。

とにかく、初アオリイカおめでとう!

 

そしてさらに焦る常連さんの竿ガイドがパキン!と割れて、集中の糸も切れたところで納竿となりました。

 

寝かさず食べたアオリイカ。

翌朝、あまり寝かせないうちにアオリイカは刺身にして食べました。

身がゴリゴリと固くて、これはこれで好き。

釣れてすぐの透明のままのアオリイカを食べるのは、もっと好き。

だけどやっぱり丸1日くらい冷蔵庫で寝かせたほうが、甘みがでて、歯触りもやわらかくモッチリとして美味しいですね。

翌日食べたコウイカは、寝かせたこともあって絶品でした!

 

ちょっと釣れたら満足。

漁じゃないので、その日に家族で食べるだけの量が釣れたら、それで大満足。

以前はカリカリと釣果ばかりを追ってたりもしましたが、今はのんびり釣りしてます。

釣り場の景色や、そこまでの道中も楽しむようになってからは、釣果以上の満足を持って帰れている気がします。

釣り具もテキトーなもので十分、ちゃんと楽しめますよ。

お気軽な釣りを、これからも楽しんでいきたいと思います!

 

 

シェアする