100均ハンモックをキャンプで1年間ガシガシ使用した感想。

100円ショップ「ダイソー」のハンモックを買って、およそ1年が経ちました。

キャンプで使ったり、庭で張ってみたり。

たくさん使ってみたけど、やっぱどう考えてもコスパ凄すぎです。

 

買ってすぐに、一度は詳報しております。

参考記事:ダイソーのハンモックをキャンプで使ってみた率直な感想。

今回は、そんな100均ハンモックを1年使ってみての感想です。

 

 

100均ハンモックとはいえ100円ではない。

さすがに100均とはいえハンモックは100円では売っておらず、500円します。

そして一般的に売られているハンモックとの安さ以外の違いは、耐荷重量と大きさ。

 

ダイソーのハンモックは、

耐荷重量60kg。

そして幅が狭め、長さも短め。

 

一般的なハンモックは、

耐荷重量120kg~で、

大人でも余裕のある広さ。

値段は安いもので1000円ちょいから、自立式フレーム付きのものなどは1万円前後といったところ。

数千円するけど、耐荷重量がしっかりしたものは安心感がありますね。

 

500円でこれだけ遊べる。

ダイソーのハンモックの良いところは、安いのでガシガシ使い倒せることじゃないでしょうか。

こんなふうに耐荷重量いっぱいいっぱいのオッサン(わたくし虹やんです)が乗っても、意外と大丈夫ですし。

しかしなんでブランコみたいにしてるのかって?

両端につかうロープを片方わすれてしまって、この日は仕方なくこうなりました。笑

しかしロープに2倍の重量がかかっているにもかかわらず、大丈夫でしたよ。

ブランコみたいに、ぶらぶら揺さぶって遊んでましたが大丈夫。

子供なら、さらに余裕です。

500円とは思えないタフさなのです。

 

大人はやっぱり狭さが気になる。

キャンプではしゃぐ子供たちや、焚火にあたる大人たち。

ハンモックをテントからすこし離れたところに張って、そんな光景を眺めているのもまた至福でございます。

 

いやしかし、もうちょい広ければなぁー。笑

お解りでしょうか。

ハンモックのすぼまる端っこまで足が届いてしまい、頭もまた同様なのです。

ちなみにワタクシ、身長は167cm。

そんな低身長であっても、頭と足がキュッ!となります。笑

 

まあ、慣れれば…

いやー無理な人は無理ですね。

 

100均モノなのに耐久性は高い。

耐荷重量の想定をこえた使用をしていても、じっさい1年経ってもまったく問題なしです。

穴も空かなければ、ロープのほつれもない。

 

キャーキャー言いながらあそぶ子供たちはいつも汗びっしょりだけど、洗濯できるからいつも清潔にしておけます。

なんか急に静かになったなーと思ったら、気持ちよくなって寝ていたり。笑

いいなぁー、ハンモックって。

 

あったらいいなと思うのは、長めのロープ!

付属のロープが短いので、太い木や柱につなぐときには困ったりします。

奥の白いロープが付属のもの、パツパツでしょ。

手前のオレンジのロープが自前のもの。

やっぱロープ類はそれなりに持っておいたほうが色んな場面で便利ですね。

これがあれば、ハンモックを張る場所選びにも困らないし、テント用ガイロープにもなるし、その他いろいろ使えます。

 

どこまでもつか、100均ハンモック!

いつかロープが切れたり、穴があいたりして「ドスン!」と落ちるのかもしれません。笑

だけど、500円にしてこのクオリティなら十分です。

もっと良いものはあるけど、これはこれでOK。

 

「もっと良いものってどんなの?」と気になる人は、

こちらの記事もチェックしてみてください。

それでは、よきハンモックライフを~☆

 

 

シェアする