ソーラー発電とモバイルバッテリーのシステムを1万円の予算で!選択肢は二択?

アウトドアでの電源の必要性は?

キャンプやBBQなど、アウトドアでの電源ってどうしても必要というものでもないけど、やっぱりあったら便利。

特に最近はいろんな場面でスマホを使う機会も多く、せめてスマホだけは十分に充電しておきたいものです。

そこで、ソーラーパネル発電とモバイルバッテリーのシステムを1万円程度の予算内で考えていきたいと思います!

 

ソーラー&モバイルバッテリー一体化モデル

こういったものが発売されています。

ソーラーパネルが一体になっており、太陽光発電をしながらモバイルバッテリーの役割を果たせるので万能選手…

のように思えますが、実際のところはソーラーパネルの発電能力が低く、バッテリーをフル充電するには相当な時間がかかるので、実用的じゃないです。

ただ、かなり格安にはなってきているので、オマケのソーラーパネルが付いたモバイルバッテリーだという捉え方であれば、相当コスパのよい商品たちだと思います。

 

ソーラーパネル単体モデル

やはり発電量では、ソーラーパネル単体モデルに圧倒的に軍配が上がります。

このあたりの商品であれば、モバイルバッテリーと合わせて1万円程度の予算内でいけますね。

ソーラーパネル発電とモバイルバッテリー充電というシステムが、実用的に機能します。

このあたりの価格帯では、発電量が25~30Wほど。

USBポートは2つ以上ついており、片方でモバイルバッテリーを充電しつつ、もう片方でスマホを直接充電という使い方も考えられます。

 

予算を上げていけば、強力な発電量のソーラーパネルと大容量ポータブル電源のシステムをセットにしたものもあります。

けど今回は「1万円程度の予算内で」という条件で探しているので、ここは割愛します!

 

単3入出力型モバイルバッテリー

そして虹やん(私)的には、やっぱり汎用性の高い単3電池システムを推しております。笑

上記の単体ソーラーパネルと接続して、単3電池に充電する。

その電池を単3機器に使ったり、入出力タイプの単3モバイルバッテリーとしてUSB出力することも可能。

つまり、スマホ充電もUSB機器の充電も単3の使用もでき、一般的なモバイルバッテリーのように内臓充電池がヘタれば寿命ということなく単3充電池を交換すればいつでもリフレッシュでき、もはや万能です。

 

こちらが大本命、パナソニック製。

くり返し使用に強いエネループ単3充電池4本付き。

単3だけでなく単4も充電・使用できます。

出力には、充電池だけでなく通常の乾電池も使用できるので、曇り空などでソーラー発電できない場合でも、コンビニで電池を買えば電源の確保ができ、電池の本数次第で、何度でもどんな天気でも延々と電力供給できます。

逆に言えば、晴天でガンガン発電できる時には、持参した充電池の本数次第で延々と電力を蓄え続けることも可能。

最強です。

ソーラー&バッテリー一体型タイプ、ソーラー単体&単3入出力充電器システム、あなたはどっち!?

さて、いろいろ見てきましたが。
ソーラー&バッテリー一体型タイプのメリットは、なによりそれだけですべて完結する手軽さと値段。
ソーラー単体のメリットは、やはり圧倒的な発電量。
単3入出力充電器のメリットは、ソーラー単体と組み合わせた時の使いかたの多様性、またそれ以外の場面でも便利な汎用性、電池本数があれば電気量の限界がないこと。

虹やブログ的には、この2つを推薦します!!

以上、1万円程度の予算で考えるソーラー&モバイルバッテリーの巻でしたー☆☆☆

 

シェアする