焚き火を眺めながらの酒と酒器。

焚火を眺めながらの酒

最近、友達がソロキャンプデビューしまして。
その友達が言うんです。
「焚火を眺めながらバーボンをちびちび飲んでると、なんかめちゃくちゃ幸せを感じる。」だと。

ついつい「なんやねんバーボンて!」って思っちゃうのですが、そういえばその友達はキャンプじゃなくてもいつもバーボン飲んでる。
気取ってるわけではなくて、ほんまにバーボンが好きで飲んでるのだ。
僕でいうと「麦焼酎ストレート」といったところだと思う。

なんかそれを聞いて、あれ?この友達はまだキャンプ3回目なのに、ひょっとして僕よりキャンプの醍醐味を堪能してるのではないか、と思った。
ちょっとうらやましい。僕もバーボンゆらしながら焚火を眺めてみたい。
なんかウイスキーとかバーボンとか、焚火の光景にぴったり合う気がする。
僕の場合、焼酎ぐいぐい飲んでバカボンになってるなぁ。

そんな、ちょっと大人な酒と焚火の楽しみ方をしたいと、強く思ったのだ。

ひとまずアウトドアな酒グッズを眺めてイメージしてみようと思った次第。

 

アウトドアやキャンプに合う酒器いろいろ

これなんかは、商品名がぐい呑みとなってるけど、焼酎…じゃなかった、バーボンを揺らしてマッタリするには良さそう。
ステンレス二重構造になってて、温度をちょっと保ってくれそう。
コンビニのロックアイスなんかを1つ転がして呑むには、ちょうどよいサイズ感なのかな。

 

これまた大人の雰囲気漂う、ええ感じ。
65ccっていう控えめなサイズが、がぶ飲みを防止してくれる。笑
ヘラ絞りという手仕事の技法で作られていて、丁寧に飲みたくなる。
こういうエエもんで呑んだら、ちょっと気持ちも違うかも。

 

これは、ペアなぐい呑み、2つがすっぽり重なる「ふたえ」。
100ccと90ccのペア。
なんか、カップルとか、夫婦とかで、ちょっと語らいながらの焚火酒によいと思う。
富山県豊岡市で作られた鋳物で、錫(すず)製。
酒の雑味をとる効果があるそうで、なんか、じっくりと酒を味わいたくなる。
そういえば私の自宅のタンブラーも錫製のがあったわ。
友達が贈ってくれたもの。

 

富士山の形をした錫製のタンブラー。 写真では小さく見えるけど、直径78mm高さ80mmなので、180ccくらいは入るのかな?もっと? 家では伏せて置いておきたくなるね。

 

やっぱりこの形が定番でしょうね、スキットル。
200ccのスキットルに、スモールタンブラー2個と漏斗付き。
洋酒にとっても合うスタイル。

 

アウトドア用品の大御所スノーピークから、チタン製のお猪口。
お猪口(おちょこ)というネーミングだけど、これは洋酒だって合いそう。
二重構造で温度を保ってくれる。

この酒筒といっしょに使いたくなるねー。

 

ちょっと大人な酒の呑み方をしている自分がイメージできてきた

グッズって大事なんやね、ちょっとイメージができてきた。
2つめのヘラ絞りの酒器が好みかも。
洋酒・日本酒どっちも合いそう。
65ccサイズじゃなくて90ccサイズでもいいかな?

色のバリエーションもあるみたい。これ良いわ。

次のキャンプでは、こういう良い酒器でちょっと大人なお酒を呑みたいと思います☆☆☆

ウイスキーなら、僕はこれが好き。

 

 

シェアする