ランタンを単3電池で統一する。

電池を使う道具。
主にはLEDランタンですね。
10年以上前のキャンプでは、単1電池だったり充電式だったり、使っている電池がバラバラでした。
いちいち、それぞれのサイズの電池を必要分もっていくので、かさばるし重いし。管理が面倒。

 

電源を単3電池で統一するメリット。

そこで、10年くらい前からは、単3電池仕様のものしか買わないことにしました。

それはキャンプ道具だけではなく、家庭内のものでもです。

たとえば、目覚まし時計や、子供のおもちゃ、自転車のライトなどなど。
できるだけ単3のものを選んで買うようにしてます。

統一しておけば、いろんなサイズの電池を用意しなくてもいいし、単1や単2にはない充電式があるし、コンビニでも必ず置いてあるし、小さいし、スマホのモバイルバッテリーになってくれる充電器もあるし、良いこと尽くし。

 

どうしても単1や単2の電池を使う機器には、こういうサイズ変換アダプターで対応。


(単3→単1 単3→単2) 変換アダプタ 4個セット

 

単3電池のコスト。

単3電池は、できるだけ充電池を使うことにしています。

まとめて買うと安いし、4回使うとアルカリ電池買うより安くなる計算になります。
ずっと使えるし、いいですよね。

 

これなんてメッチャ便利。
単3電池の充電器が、スマホのモバイルバッテリーも兼ねてる。
すんごい便利です。

 

単3電池仕様のLEDランタンたち。

我が家のLEDランタンたち。ぜんぶ単3電池仕様。
優しい色味が好きで、暖色LEDのみで揃えています。

ジェントス EX-136S

このジェントスがメインで、かなり明るくて、防水にもなってて万能。
単3電池6本使用。

Hilander アンティークLEDランタン

こちらはアンティークデザインながらLEDです。

これもけっこう明るくて、主に食卓の上で使います。


単3電池4本使用。

スマイルLEDランタン

そして大活躍しているのが、こちらのスマイルランタンたち!

明るさは程々だけど、安いし軽いしかわいいし。
子供にも大ウケ。
いくつか持っていって色んなところに置いておきます。
単3電池4本使用。

 

単3電池で統一がおすすめ!

オイルランタンやガスランタンも良いだろうけど、子供がいるとどうしても心配が増える。
やっぱり気軽で安全なLEDランタンは良いです。
LEDランタンは熱くならないし、虫も寄ってこないし。
さらに単3電池で統一しておくと、用意するのも迷いなく単3電池だけでいいし。
もし充電し忘れてても、単3電池は結構どこでも手に入るし。
今やそれでスマホ充電もできるし。
普段、家庭内でも使えるし。

絶対!単3統一派です!!

 

 

シェアする