キャンプで結局いちばん良かった包丁まな板

キャンプでの料理というのは、やっぱり大きな楽しみのひとつ。

おうちでの料理とは違い、制限のある調理器具のなかでの料理もまた、知恵の出しどころで面白いですよね。

そんなアウトドア料理で、包丁やまな板ってどういうものが良いのでしょう。

 

アウトドアでの包丁まな板

我が家は、以前はこういうものを使っていました。

問題なく使えていたのですが、アウトドアでしっかりとまな板の洗浄や除菌をできる環境って、なかなかないんですよね。
ちゃんとした排水設備のないところでは洗剤も使えないし。

そこで、いろいろ考えて辿りついたのは、包丁をまずはトイレットペーパーとかで拭き取り、そのあと熱湯消毒し(過去記事:焚火で沸かした、そのお湯は。)、そのあとアルコールで再度拭き取り。

そして、まな板部門では革命がおこりました。
我が家のまな板は…

これです!牛乳パック!
きれいに洗って干した牛乳パックを、このように数枚つめこんで持っていくのです。

料理の際は…

ナイフや包丁で開いて使います。

この日持って行った刃物は肥後守のみ。 簡単な料理には十分です。 めっちゃ薄くてコンパクトなので、牛乳パックの間にはさんで持ってこれます。

冷凍真空パックの鰹タタキをさくさく切っていきます。
白ごはんとコレだけでいきました。
外で食えばなんでもウマイんだもの。笑

そして、使い終わった牛乳パックは、燃やします。

これが一番衛生的なんじゃないでしょうか。

この日は持っていきませんでしたが、キャンプには出刃包丁かな、と思っています。

ワタシが店での調理に使っている、ガチなやつ。
刃渡り180mm、刃厚5mmくらいのやつ。
刃と柄に継ぎ目がないステンレス一体構造で衛生的。
熱湯消毒しやすいし。

なんで出刃かというと、こんだけしっかりした刃厚の出刃なら、簡易な鉈(なた)としても使えるからです!

「万能な刃物を一本もっていく」という感覚ですね。

こういうケースにしまって持っていくといいと思います。

刃渡り180mmの出刃が、ぴったりフィット!

そりゃぁーちゃんと調べて買ったんで当然なんですけどね。笑

我が家のおすすめ、アウトドア包丁まな板。
それは。
包丁はガチな出刃、まな板は牛乳パック!です!!!

 

 

シェアする