キャンプ遊びに見る子供たちの成長

虹やん(私)は過去にキャンプはいっぱいしてきましたが、一家全員でのファミリーキャンプは、まだ3回目です。
けどそのたった3回のあいだに、子供たちの遊び方に、少し変化が出てきました。

 

回を重ねるごとに変化がある。

最初はキャンプといっても何をしていいか分からず、持ってきたおもちゃで遊んでいた我が子たち。
3回目のこの時は、おもちゃで遊ぶのではなく、テントの設営や薪拾いに火おこし、料理まで、手伝おうとしてくれるようになったのです。

ペグハンマーでペグを打ち込んでくれたり。
もちろんペグの向きがバラバラだったり、テント幕にちゃんとテンションをかけられてなかったりするので、後でそっと手直しします。
「手まで打ったら痛いでー」と言ってはおきますが、基本は放っておいて、やりたいようにやらせます。
案の定、手まで打ってしまって痛がっていますが、そうして実体験をもって、気をつけることや力加減を覚えることも大事かなと思っています。

 

放っておけない場面も。

火おこしも手伝ってくれました。
これは危ないので、すぐ手の届くところでしっかり見守ってやります。

チョーナンがバーナーで火をつけていきます。
ある程度火がついたら、どうやってそれを広げていくかも教えました。
ジナンも興味津々で、うちわでパタパタとやっていました。
風下にいたら煙が目にしみることも、このとき知ったようです。

 

「痛い!」から学ぶ。

晩ごはんを済ませたら、うちのバーベキューコンロはそのまま焚き火台になります。
子供たちの拾ってきた薪は長さも大きさもマチマチなので、ちょうどいい大きさにギコギコと切っていたら、ジナンがそれも手伝おうとしてくれました。

さすがにうまく切れません。笑
歯のキザキザにちょっと触ってしまい「イテッ!」と言っていました。
でも、何をどうしたら、どれくらい危ないか、どの程度なら大丈夫か、ちゃんと知っていってくれるのは良いことです。

それを見ていたチョーナンは、ちょうどいい長さの薪を拾ってくる重要性に気づいたようで、また流木を拾いに行きました。笑

いままでは持参したおもちゃでしか遊ばなかった子供たちが「家族みんなでキャンプをすること」それ自体を遊びにしはじめてくれたことが、とても嬉しかったです。

 

子供は自分たちで遊びをつくり出す。

そろそろ暗くなってきて、焚火もいい感じ。
水辺で薪を拾う子供たちを眺めていると…ん?もう拾うのやめてる?

いつのまにか、焚火に関係ない長さの棒で、水面をたたく遊びにいそしんでおりました。笑

翌朝は、これまた焚火にはデカすぎた木を道路に見たてて、もってきたトミカをようやく引っぱり出してきて遊んでいました。

渋滞中だそうです。笑

ファミリーキャンプの醍醐味とは。
キャンプ料理も焚火も楽しいのですが、なにより子供たちの成長や、いつもと違う家族の表情を見られることかもしれませんね。

 

 

シェアする