焚火で沸かした、そのお湯は。

おはようございます。
キャンプの朝が、とっても冷える季節になってきましたね。

そんな冷えた朝、まだ子供たちがシュラフにくるまっている間に、大人だけのコーヒータイム。
いいもんです。

 

多めにお湯を沸かしておけば、後で便利!

そのとき、ちょっと多めにお湯を沸かしておきます。
焚火でお湯を沸かすのってけっこう時間がかかるので、このあとの朝ごはんの調理に備えておくために。
そしてその湯を使うときまで保温ポットに入れておくと、ごはんのタイミングで1からお湯を沸かす必要がありません。
時短です、時短。
小さな子供たちは、待てない…。空腹にするとグズグズになってしまいますから…。
気分よくファミリーキャンプをする上で、ちょっとだけ気をつけておきたいポイントだったりします。

 

保温ポット、大活躍します。

我が家は、サーモスの2L容量のポットを使っています。

いろんな保温ポットがあるけど、サーモスの保温力はほんま最強です。
24時間後でも、熱いと感じるようなコーヒーを飲める保温力。
でもそんなのサーモス使えば当たり前みたいになってて、技術の進歩はすごいなぁと思っちゃいます。
だって昔の保温ポットって、落とせば中のガラスが割れて終わりだし、なによりちゃんと保温しない。笑

その保温力でもって、デザインもいいものが増えてますよね。

最近のデザインもいいポットたち。

うわー、前はこんなん無かったのに!
いい時代になりましたね。

 

キャンプでお湯はいろいろ使えます。

キャンプでのお湯の使い道って、めっちゃ多いですよね。
料理はもちろん、レトルトの湯せんや、包丁やナイフの熱湯消毒、温タオルでの体ふき、湯たんぽにも。
焚火で沸かしたそのお湯を、そのまま冷ましてしまわず、ポットに移してとっておきましょ☆ 

 

 

シェアする