トンネル2ルームテント ロング 使用レポート[テントファクトリー]

先日、トンネル2ルームテント ロングで琵琶湖ファミリーキャンプをしてきました!

今年4回目のキャンプ、このテントを使うのは3回目です♪♪♪

場所は、滋賀県野洲市の吉川緑地。
簡易トイレしかないけど、めっちゃ良いところでした!
連休とあって、キャンパーも多かったなー。

 

キャンプ地到着、早速テントを張ります。

さてさて。
到着と同時に、まずはどこにテントを張るか考えます。

せっかく駐車場の角地に停められたので、最初はマイカーの真横にテントを張ろうかと思ったけど、なかなかベテランっぽいソロキャンパーがすぐ近くにテントを張っていたので、こちらは子供もいるし遠慮して、せっかくの自然味あふれる場所を満喫しようと、車からすこし離れることにしました。

駐車場を背にすると、こんな光景。
水辺も近くて気持ちいいし、ちょっと車から離れてみるのもいいかも。

場所が決まったら、早速トンネルテントの準備をします。

前回のキャンプは撤収時に快晴、布地はしっかりカラリと乾いていたので、特にそのあと家で干したりはしていません。
前回収納したまんまのテントを、収納袋からゴロリと転がします。
ワタシにしてはまあまあキレイに巻いて収納していたようです。笑

ポールやペグ類もゴロリと出します。

どこのスリーブに挿すか分かりやすいように色分けされているポールたち。
グラスファイバー製のポールはなかなか重いけど、そもそもこのテント買う人って車で運ぶ前提だと思うので、そんなの気にしません。
ちなみにアルミポール仕様のものも1万円アップくらいで売られてるけど、それじゃあこのテントの「安い!!!」というメリットが薄れちゃう。
少々の重量差など気にしてはイカンのです。

べろーんと広げたテントのスリーブに、ポールを差し込んでいきます。

どの色のポールをどこのスリーブに挿すか、スリーブにも色の目印がついているので、迷うことはありません。

子供たちもキャッキャと喜びながら、ポールをスリーブに通していくのを手伝ってくれました。

そしてポールをエンドに固定して、弓なりにテンションをかけていきます。
ここまで一人でも楽にできます。

ここからテントを起こしていきますが、2人いるとさらに楽ちんです。

端のほうからペグダウン。
風上のほうからペグダウンすると楽です。

ひとまずテントが立ちました。
ここまで15分。
さっきまで手伝ってくれていたチョーナンは、気がついたらリンゴジュース休憩してました。笑

さて、インナーテントを付けていきます。いわゆる寝室です。

付属のグランドシートの四隅を、フックでひっかけます。
その上に、インナーテントを設置します。

でも、いつもこれくらいのタイミングで思うんですよ、このままでも遊べそうだなーと。

例えば、インナーテントを張らずに、コットを置いて寝たり。
夏場なんかは、ここにデカいレジャーシート敷いてゴロゴロしたり。
自立式のハンモックで過ごしてみたり。
絶対オモロイ。絶対。

けど今はそういうの持ってないので、想像だけ膨らませて、ただ黙ってインナーテントを設置するのです。

フック引っかけるだけです。すぐ終了。
早速テントに陣取るジナン。

気に入ったのか、ジャンプしたりゴロゴロしたり、なかなか出てきません。
父は嬉しいぞよ。

中からの眺め。

別角度。

あ、ジナンようやく出てきた。

ここまでで25分ちょっと。
一応これにて完成なんですが、ちょっと拡張してみる。

 

自立式ワンタッチタープを組み合わせてみる。

周囲のオシャレなキャンパーさんを無視した、ただ機能性だけを追求する我が家。
じゃなかった、ワタクシ。
7年前くらいにネットで3980円で買ったノーブランドの自立式タープを組み合わせてみる。

全体の色合いとか無視!!笑
まあそのへんは…いずれ…もうちょい後で考えますんで…。すんません。

サイドの開放部分の寸法が240cmちょっとなので、この手持ちの250cmの自立式タープが、シンデレラフィット(この言葉使ってみたかった!)。
タープの脚といっしょにテントも1本のペグで一緒にペグダウンできるくらい、シンデレラフィット(もう1回っ!)!!

このタープほど安いのはもうなかなか見つからんから、これがダメになったら、こういうの買うと思う。

なんやねん、カラーバリエーションめっちゃあるやん。
先に言うてぇやぁぁぁぁぁぁぁー!!!

まあ落ち着いて。
完成図はこんな感じになります。

さてさて、これにてテントの設営は終了しました。

最初はゲリラ豪雨のなか一人で設営したりして、あんまり楽なイメージなかったんですが(無理もない…)。
3回目にして、今やらくちんテント感覚です。一人でも大丈夫。

 

トンネルテントで楽しく快適に過ごす☆

子供たちとキャーキャー遊んでるうちに、腹も減ってきました。

メシ食わねばですね。
はじめますよー。

いただきまーす!

たのしい晩ごはんの時間もどんどん過ぎて…
子供もシュッと寝袋にくるまって寝静まり。

パチパチと薪のはぜる音が、ウチのコンロだけでなく、あちこちから。
たくさんの人が、思い思いのよき夜をここで過ごしていました。

琵琶湖畔はほんとに良いところ。

トンネルテントも最高です☆☆☆

 

2020年モデル新色

 

 

シェアする