おすすめ焚き火台はテーブルと高さの合わせやすいコレ!なんと普通の…

我が家のお気に入りの焚き火台は…ずばり普通のBBQコンロです!!!

どちらかといえば、キャンプではBBQが料理の中心になりがちな我が家は、普通のBBQコンロでひとまずBBQをし、食後にそのまま枯れ枝や落ち葉を投入して焚き火開始!という流れですね。

使ってるのは、こんな普通のBBQコンロ。

ガンガン使いつぶすので、安ければ安いほうがいい。

 

けど条件もあって、脚の高さが3段階に調節できること。

それによって、持っていくテーブルの高さに自在に合わせられるからです。

 
サイズは、大人2人・子供2人の4人家族な我が家では、30cm×40cmくらいは必要。

この条件って「焚き火台」として売られてるものでは、あまりないんですよね。

これは、子供が寝静まったあと、焼酎お湯割り用の湯をわかしながら、足先を温めている図です。笑

このタイプのBBQコンロってずっと前から定番としてあるので、今や替え網だって100均で買えちゃいます。
こうして横向きに網を置くと、横から薪をくべるスペースがあいて丁度いいんです。
コンロ自体も、長方形である必要がここにあります。

そして、BBQ用コンロは肉汁やらなんやらが垂れてくる前提で作られてるんで、とにかくタフ、丈夫。
使いつぶすとは言いましたが、そんなに簡単にはつぶれません。
年間でも相当数な出番がありますが、いよいよ底に穴が開くまで3年くらいは保ちます。
そんな理由で、我が家はごく普通のバーベキューコンロを使ってるんですね。

ウチはなんでも車に雑に放り込んでキャンプに出発するんで気にしてないんですが、もっとコンパクトになるのがいいなぁ、という人には、こんなのもありますね。

脚の高さは調節できませんが、折りたたみできて、長方形という条件もクリアしています。
ウチは、可動部が多いものは長持ちしないという考え方なので選びませんでしたが。
コンパクトにできる、こちらのほうが合うという人も多いかもしれませんね。
ソロ用のめっちゃ小さいのとかもあるみたいです。

値段が高くて良いものはいろいろありますが、がんがん使うので安いほうがいい。
まず、子供たちも触る(どんどん触らせたい)ものなので、壊されることに神経質になりたくない。
安いほうがシンプルなものが多く、機能がシンプルなぶん色々な応用ができて、また機能を補うべく知恵をしぼるのも楽しい。

なかなか良いですよ、普通のバーベキューコンロ☆☆

 

 

シェアする