バスクチーズケーキとは?通販で大人気なのを取り寄せてみた!

ホワイトデーのギフトで、なにか良いものがないかなぁと楽天市場を徘徊していたら、こんなものがあった。

「バスクチーズケーキ」

…なにこれ? え? やたら黒くない?

どうやら巷で大人気らしい。

ちょっと気になって、これをポチッとクリックして購入した。

 

バスクチーズケーキとは何??

お店のページからの情報によると…

スペインのバスク地方で、お酒のお供として食されてきたチーズケーキなのだそう。

表面の黒はプリンのようにカラメルではなく、高温で焦がしてある痕だということ。

これによって、中のとろーりチーズ部分と、外側のほろ苦い焦げ部分ができていて、お酒によく合う仕上がりになっているというのだ。

まさかのケーキがお酒に合うんだよと言われれば…これは早く食してみなければならぬ。

(いや、ホワイトデーなんやからオクサマのやろ!)

 

バスクチーズケーキが届いた!

さて、ホワイトデーを4日ほど過ぎて、やっと到着。笑

というのも、人気のある商品なのに、注文したのが3/11というタイミング。

そりゃー間に合わんわ!

メールで店舗に「ホワイトデー、間に合いますか?」と問い合わせてみたけど、

「すみません、ご注文の順番に発送しておりますが、受注多数につき発送までに4~5日かかっております。。」とのこと。

しかし、その人気っぷりが期待を煽ってくれますね。

 

北海道からの冷凍便発送なので、さらに2日ほどの輸送期間を経て、3/18に到着。

そしてこれは凍っているのを冷蔵庫にて8時間、完全解凍して食べないと本来のとろーり感を出せないとのことなので、じっと待ちます。

 

いよいよバスクチーズケーキを実食!

見てください、この様子!

ほら、まだ凍ってるでしょう?笑

それなのにこれ、切ってありますねぇー。

誰かが待てずに先に1切れ食べたようですねぇー。笑

まだ2時間くらいしか経ってないのになぁ。

 

気をとりなおして、8時間後!

お!ぜんぜん質感が違う!

とろっとしてて旨そうー!

では、いただきます。

はむっ。

 

おぉぉー!これは濃厚!!

チーズの旨みや香りと上質なカスタードのような甘みが濃厚につまってる!

とにかく良いバニラなんだなということが、ぐいぐい伝わってくる香りと甘さ。

そこに焦げのほろ苦さが合わさって、なんともいえない大人の味。

これは女性への贈り物に選んでよかったな、という充実感がありました。

 

しかし今、朝なんですよね…。

お酒とのマッチングを試したかったけど、今は飲めないし。

多分だけど、スペインでは赤ワインのお供にされてるのかな?

それとも、ハードリカー?

私が試してみたいなと思ったのは、ブランデーをストレートか、ちょっとだけロックにして、一緒に食べてみたいかなぁ。

ラム酒とバニラアイスが合うようなイメージ、ね。

 

(結局、仕事を終えて帰宅したら無くなってたので試せず。のぉー!!!)

 

一緒に注文した「札幌カタラーナ」も食べてみた。

これは半解凍で食べろって書いてあります。

半解凍って、けっこう加減が難しいですよね。笑

およそ1時間ほどの室温解凍をして食べてみました。

うん、まだ凍ってる。

ということで、あとは口内解凍することにしました。笑

じゅわーっと口の中で溶かしながら味わう感じ、これもタマリマセン。

うまー!!

これは超濃厚な焼きプリンという感じです。

でも、ほぼ全解凍でもよかったかな?

 

1週間くらいかかるけど、頼む価値あり!

どちらも人気な理由を、食べて実感できましたよ。

解凍時間は、いずれも冷蔵庫で、バスクチーズケーキ8時間、カタラーナ5時間くらいがいいかな、と思います。

そしてほんとにお酒に合うのか、実験してみてくださいね。(虹やん無念)

 

シェアする