炙り厚切り豚バラジャーキーがちょいピリ辛でビールを誘う!

ビーフジャーキーじゃなくて豚バラ肉!

ジャーキーって牛肉だけだと思ってました、豚さんごめんね。

こんなにジューシーでおいしいなんて!!

でも確かに、ビーフジャーキーがあんなにおいしいんだから、脂身のジューシーな豚バラをジャーキーにしたら、それはきっとおいしいよねぇ。

最初に思いついて、作ってくれた人!ありがとう!

 

お取り寄せしたのはコチラ。

メール便で送料無料なのは、シンプルに嬉しいです。

 

こうして見たら、ほら。

なんかジューシーさが伝わるでしょ?

できるだけリアルタイムにこの感覚を伝えるべく、食べながらレポートしたいと思ってパソコン起動。笑

そしてぇー、開封の儀!

袋をあけると、香ばしいイイ薫り!

ちょっと手をベタベタにしながら、皿に並べます。

やっぱり豚バラだけあって、アブラ感がありますね。

さらに特製醤油ダレがついているので、手はそれなりにベタベタします。

パソコンのキーを叩くまえに、いちいち手を拭きながら。笑

たぶんお箸でつまむのがいいんだろうけど、それじゃあジャーキー感が出ないので、やっぱり手で!

 

そしてこれ、なかなかの厚切りです!

2~3ミリくらいはあるぞ。

まあ外見の話はそこそこにして、そろそろ実食といきましょう!

 

豚バラジャーキーはビールを強烈に誘う。

ひと口。

はむっ。

 

ん…うまい!もうひと口。

はむっ!

 

豚バラ肉の甘みと脂身のジューシーさがガツン!と攻めてきて、醤油ダレの甘辛感がじんわり追ってくる。

炙りなので、香りも良い。ちょっと炭火焼肉っぽさも感じる。

そして一枚の半分くらい食べ進めたところで、あれ?ちょっと辛い?という感じで、ほのかなピリ辛が遅れてやってくる。

あーこれは、間違いなくビールだわ。

 

冷蔵庫に走り、缶ビールをプシッと開栓。

とくとくとくとく…と、ミニジョッキに注いで、並べてみた。

うん、しっくりくる。美しい。

豚ジャーキーをがじっと食いちぎり、噛みしめながらビールをぐいっと煽る。

これ、なかなかの至福ですなぁ。

豚バラの旨みとほんのり口に広がってくるピリ辛が、エンドレスにビールを誘ってきます。

 

しかしなんでジョッキがミニなの?っていう問いには…

「何杯も呑んでる感覚があって幸福度が倍増するから」です。

こういうやつ。呑んべぇさんにはオススメですよ。笑

 

いやーしかし、コレいいわ。

純粋にウマイです。

「炙り、厚切り、ピリ辛、豚バラ、ジャーキー。」

なんと酒を誘う単語の羅列なんでしょう。笑

 

ジャーキーというから、もう少しカラッと乾いてて固いのかなと思ってたけど、けっこうしっとりしてて、半生感があります。

肉肉しさが強調されて、食べごたえ抜群ですね。

ビールのおつまみとしても最強だけど、もしかして、おにぎりの具やごはんのおかず、お弁当の具という食べ方にも合う味付けかもしれない。

 

パッケージに「山形発!」って書いてあるけど、山形県らしさってどの部分なんだろう。

虹やんが知らないだけで、ブランド豚なのかな?

 

これまたメール便送料無料なのが嬉しい!

280gって、なかなかのボリューム感ですよ。ずっしり。

こりゃーしばらく楽しめるわ。

こういう荷姿で届きました。

メール便で届くのって、ポストをあける楽しみがあってイイですね。

在宅してなくても受け取れるし、対面で受け取らないといけない面倒もない。

しかも、送料無料!ここ重要!

めっちゃ嬉しいポイントを、ちゃーんと押さえてくれてますね!

ポストに届いたときのずっしり感、ぜひ体感してみてください☆

 

 

シェアする