ふぐの猛毒部位「卵巣」の糠漬けを食べてみた結果。目をつぶるな!笑

f:id:sansokunowarazi:20200124051850j:plain

猛毒をふくむ部位がなぜか食べられる不思議。死なない?笑

青酸カリの数百倍の猛毒をふくむ、ふぐの内臓。

卵巣部分も例外でなく、ここも基本的には食べてはいけない部位なのですが…。

石川県には郷土料理としてこれを糠漬けにして食べられているという。

糠漬けにすることでその猛毒は見事に解毒されているのだが、そのメカニズムは科学的には解明されていない。

「ふぐの子はなぜか糠漬けにすると食べられる」あるのはその事実だけなのだ。

乳酸発酵ってすごいな。

だから、その伝統のレシピをずっと昔から継承してきている、石川県のふぐ調理師免許保持者にしか、これを作ることは許されていないのです。

 

ふぐの子糠漬け、2度目の注文。

f:id:sansokunowarazi:20200124052857j:plain

楽天ラッキーシール7枚目ゲットぉー!

ってそりゃこんだけおつまみお取り寄せしてたら貯まるわ。笑

今回は、ふぐ卵巣の糠漬けの2度目の注文です。

開封の儀!!!

f:id:sansokunowarazi:20200124053130j:plain

おぉー!

3本セットはなんだか壮観です。

 

というのも、前回は初めてのお取り寄せだったので1本だけ注文。

しかし後で、3本の注文なら送料無料ということを知ったのです。

800円ちょっとのふぐ子糠漬けに送料1100円かぁ…と思いながら注文したのはよく説明を読んでなかったからで、どう考えても3本セットがお得なのです!!(力説)

 

そんな送料の有無のショックを受けていた前回の注文…。

今度は失敗なしっ!!!

さぁさぁ、はやく食べましょうよ。(ハァハァハァ…)

f:id:sansokunowarazi:20200124053859j:plain

真空パックを開けると、丁寧にフィルムに包まれたふぐ卵巣がコンニチハ。

おもむろに脱がし…いや剥がしていきます。落ち着け。

f:id:sansokunowarazi:20200124054049j:plain

すこしまだ糠を身にまとっているので、包丁の背でぽろぽろと落としていきます。

そして、おおよそ5ミリ厚くらいにスライスしたら、さあ食べられます!

  

最初頼んだときは塩辛さが印象だったけど…

f:id:sansokunowarazi:20200124054250j:plain

そう、最初に注文したときは、なんだか塩辛さが一番の印象になってしまっていたけど、多分それはオーブントースターで軽く焼いて食べたから。

鯖のへしことかもそうだけど、軽く炙ったりすると塩辛さが増す気がする。

香ばしくなってそれもおいしいんだけど、今回は適度な塩加減を感じたかったので、まずはそのまま食べてみた。

 

すると「これが丁度いいやん!」と一同歓喜!

…ん?一同?というのは、ちょうど注文品が届いたところに呑んべぇ友達が3人も偶然いたので。笑

 

なにこれ、うんまいわ!さて、どのお酒と合わせる?

そう、虹やん(私)的見解としては、これは焼かないほうがおいしい。

というか好みの問題ではあると思うけど、そのままで食べるか、お茶漬けがおいしい。

香ばしい薫とほどよい塩分が全体に行き渡って、絶品。

 

さて、写真撮影用に盛りなおしました。

f:id:sansokunowarazi:20200124054953j:plain

最初のは、どんだけ食べたくて焦ってんねん!っていう雑ぅーい盛りだったので。。

これで今から、呑んべぇ仲間と酒肴おいちおいちぃします。

 

さて、酒なににする?と聞くと、全会一致で「冷酒で」とのこと。

常備している「太田酒造 道灌 吟吹雪 特別純米」が注がれます。

 

そして一口。

みんな目をつぶって食べてる…笑

いや死なんから!!!笑

 

3本セットがお得。お間違いなく。笑

ここ重要です。テストに出ますよ!!

前回赤点の虹やんが言うんだから間違いないでしょ?笑

1本や2本は送料かかります、3本なら送料無料。

ほんまにコレです、お間違えなく!!(人柱虹やん談)

 

シェアする