芝エビの唐揚げが旨い!業務用冷凍パックが下処理済みで便利。

いやぁー旨い!

これ完全にビールがすすむヤツでしたよ。

業務用の1kgパックがセールになっていたので、3kgも買いまして。

まだまだ長ーく楽しめそうです。

わたくし虹やんの、芝エビ唐揚げ実食レポートをどうぞ!

 

通販でみつけた、芝エビ業務用パック。

これなんですが、普通は安いところでも1kgで1800円ほどする…

それが、セールで777円!!!

びっくりして3kgも買ってしまいました。笑

 

買ってから「品質はどうなの?」と気になって(遅いわ!)、いろいろレビューなどを調べてみたけど、なかなか上々のようす。

ただ安いのもあって、釣り師が鯛釣りのエサとして使ったりするみたいで、なんか「釣りエサ食うのかぁ…」と落ち込んだので、レビューは見ないほうがいいです!笑

食べた人の評価はなかなか良かったので、ちょっと安心しました。

 

芝エビとは、こんなエビ。

芝エビとは、ぱっと見は灰色の甘エビのような姿。

もともと東京湾でよく漁獲され、芝浦に水揚げされたことが名前の由来とされています。

ただ近年は環境変化から国内の水揚げはかなり減り、庶民の味として親しまれてきた国産ものの芝エビは、いまや高級品となっています。

今回は熊本県産の芝エビがセール価格で買えたのは、なんとも運が良かったのでしょう…。

ちなみに芝エビの旬は冬で、すこし大きくなったものが春に流通することもまれにあります。

 

芝エビ、こういう姿で届きます。

ホントに来ちゃいましたよー3kgも!笑

まぁ、頼んだのはワタシです。

 

もう何度も通販利用している、このお店。

海の幸なのにYAMATOさん。

 

店名に「海の幸なのに…」は要るか??って最初おもってたけど、そのおかげで覚えやすくて良かった。笑

 

いつも安心感のある梱包で、商品の状態もいつもバッチリ。

信頼してますよ、YAMATOさん!

 

さて、芝エビを揚げましょう!

ひとつひとつがくっついてないバラ冷凍で、使うぶんだけ冷凍庫から出せる。

ヒゲや角や足をとってある下処理済みで、しかも粉付きなので揚げるだけ。

最高やん!!

だいたい100gくらいで1人前かな。

 

さあ、油で揚げていきます。

180℃で3~4分。

アワがここまで落ち着いてきたら完成!

ご家庭で唐揚げや天ぷらをカラッと揚げるコツは3つ。

1.たっぷりの油で、

2.少量ずつ揚げ、

3.網にあげる。(キッチンペーパー等にあげない!)

カラッと揚がった天ぷらが食べたくなったら、手打うどん虹やへ!笑

これもサクッとプリッと揚がりました!

 

油をよくきって、天紙をしいた器に盛ったら、完成!

 

芝エビ唐揚げを食す!お味は?

さあ、お酒も用意しましたよっ!

って…ビールじゃないんかい!

そう…こんな時に限って…ビールを切らしていた…

ということで産地の熊本県をイメージし、芋焼酎ロック。

 

さあ、カラッとしているうちに食べましょう!

いただきます!はむっ。

サクッ!サクサクッ!

エビの味もしっかりしてて、プリッとした身の食感もいい!

さっと薄く片栗をまぶしてあるだけなので、芝エビの味がそのままする。

粗塩をちょちょんっと付けても、まいうー。

これ、たまらんわ!!

セールで3kgも買っといてよかったー!

ビールなくて悔しかったけど、このエビのしっかりした味には芋焼酎の香りがとても合う。

意外にも新発見してしまった、うれしい。

この破格の値段で、ほとんど黒変なしの芝エビ。

すばらしいですね。

 

芝エビのお料理レシピいろいろ。

うすく片栗粉をまとっただけの芝エビなので、いろんなお料理にも使えます。

例えば…

・そのまま、天ぷらかき揚げに。

・さっと粉を洗って水気をきり、素揚げ

ガーリックシュリンプに。

・殻付きパリパリのエビチリに。

アヒージョに。

・細かくして炒め物チャーハンに。

・スープのダシに。

 

…とにかく活躍の場は広いです!

これはいいものを知りました♪

 

いろんなセール品も魅力のYAMATOさん!

このお店、海鮮系が好きな方にはたまらないですよ!

ワタシも年間に何度お世話になってるんだろう…2ヶ月に1回はなにか注文してると思います。

ぜひ一度、ご覧になってみてください。

海の幸なのにYAMATO

 

めっちゃワクワクすること間違いなし。

いっしょに通販おつまみを楽しみましょうー☆

↑これは無くなり次第終了です!

 

 

 

シェアする