小ダコは食べ方レシピたくさん!山陰浜坂港より生冷凍のを通販!

小ダコとは、水ダコの子供のこと。

煮ても柔らかく食べやすいのです。

山陰随一の漁港「浜坂港」より、地物の小ダコがなかなかの格安で売られていたので、お取り寄せしてみました!

 

 

お取り寄せした浜坂港の小ダコ。

こちらは、とれたての生ダコを冷凍したもの。

下処理をしていない、鮮度バツグンのやつです。

タコの場合、下処理といえばキレイに洗って、口についてる鋭い歯「とんび・からす」を取るくらい。

茹でたらワタまで食べられるし、頭のてっぺんから足の先までぜーんぶ食べられる。

だから500gとして売られているほとんどが可食部分なのです!

 

こんな感じで届きました。

平べったく板のように凍らせてあるので、パックのまま水にあてておけば10分くらいで解凍できました。

500gのパックで2体のタコが入っていましたよ。

 

小ダコを下茹でする。

ぬめりや汚れを落とすため、塩をたっぷり振ってもみ洗いします。

そして流水でその塩もしっかり流したら、軽く塩茹でします。

よく沸いた熱湯にいれて5~7分くらい。

茹でてもプルンプルンに柔らかく、おいしそう!

良い香りもただよってきます。

茹で終えたらすぐに冷水にさらし、きゅっと締めます。

気になる場合は、口と目をとってしまえば完了です。

さあここから、いろんなお料理へと変身していくのです。

 

茹でた小ダコを、まずはそのまま。

商品説明には「取り除いてお召し上がりください」と書いてあるのですが、この頭のなかのワタも大好きなので、そのままいただきます。

水揚げ後すぐの冷凍で、下茹でもしたので、きっと大丈夫です。

 

えらく派手に醤油をつけてしまったけど(笑)…いきます。

はむっ。

ぬぅーっ!!

ふわふわで旨い!

タコのうまみも濃厚に感じられます。

 

そして足。

はむっ。

ぷるんぷるんにやわらかくて旨い!!

吸盤のプチプチ感もたのしいし、食感だけでもかなり愉しめます。

スーパーにならんでるモロッコ産タコとは大違い。

日本のタコは旨いですね。

 

小ダコの食べ方レシピいろいろ。

…と言いたかったのですが、なんとそのまま食べてたらウマくて1体まるまる食べきってしまいました!笑

 

というわけで、実際に食べ方をいろいろお見せするのはまた今度。

おいしい食べ方を列挙しておくにとどまります!

 

たとえば…

・酢の物

・煮付け

・炒め物

・タコ焼き

・タコ唐揚げ

・タコ天

・タコキムチ

・タコ飯

・おでん

などなど。

海鮮バーベキューにも良いですね!

またいずれやりましょう!笑

 

※後日、酢の物にしてみました。

普段のタコと比べてフワフワやわらかで、うまーい!! でした。

 

海鮮いろいろ、山米さん。

兵庫県の日本海側にある良港「浜坂港」から、種類もほんとに豊富な鮮魚たちを送ってくれる、このお店。

山米(やまよね)

 

ホタルイカをはじめ、年間を通してホントにいろいろお取り寄せさせてもらってます。

どれもが満足度高くてオススメ!

このタコもよかったし、ホタルイカもおすすめですよ☆

 

 

 

シェアする