鮭とばではなく鱈とば!肉厚感たっぷりのさざ波タイプ!

f:id:sansokunowarazi:20200106183819j:plain

鱈とばっておいしいの?

鮭とばはよく見るし、食べたことのある人もきっと多いはず。

鮭ってやっぱり身の甘みがしっかりしてて、まず味が濃い。

「とば」と言われるとすぐに頭に浮かぶのが、鮭ですよね。

でもこれは「鱈(たら)」。

どちらかというと淡泊な味で、噛んでいると旨みがじんわりくるタイプのお魚だと思う。

この鱈とばは、そのほのかな身の旨みに加えて、少し甘めのタレにうっすらと浸けてあるのだ。

このタレが絶妙なのか、ただの干タラとは違って旨みの相乗効果を生んでいる。

一言でいうと、ほんのりじんわり、でもメチャクチャうまいのです!!!

さざ波カットなのも重要なポイント。

f:id:sansokunowarazi:20200106184530j:plain

乾燥させるときに切り目をいれて、この形が作られている。

乾燥を早めるための先人の知恵みたいなもんなんだけど、これのおかげで、サイコロ状の肉厚ある食感を出しているのだ。

鱈は鮭のように脂分があるわけじゃないので、皮と身が離れにくい。

だから、このサイコロをハサミでちょきんちょきんと切り離しながら、皮ごと口に放り込むのがよいです。

皮も身もそんなに固くないので、結構かんたんにチョキチョキといけますよ。

タワシはハサミで切り離したのを、オーブントースターでほんのりと焼いてから、そのままパクパクと食べてます。

お酒のアテにすごくいいんですが、意外にも、白ワインとかと相性いいですよ。

秋田県出身の嫁さんに聞いたら、けっこう一般的なものなんだと。

f:id:sansokunowarazi:20200106185131j:plain

珍しくて嬉しそうに食べてるタワシを見て、嫁さんが「そんなに珍しい?秋田ではスーパーにも置いてあったけど。」と言うのです。

なんだと…!?

こんなウマイものが、日常的に手に入るだとぉぉぉぉ!!?

それから、秋田の義母へお願いして、買って送ってもらったりしてたのだが、どうやら楽天とかで通販しても値段がそんなに違わないみたい。

それが分かってから、義母にずっとお願いするのもなんか悪いし、通販で買うようになった。

それがコレなんです。

「永宝」というところが製造してます。

f:id:sansokunowarazi:20200106185655j:plain

ちなみに、ここが作ってる鮭とばもおいしい。

でも名前に惹かれて、こっちにもよく浮気するんですけどね。

鮭とばイチロー。笑

鳥羽一郎。。。

脱線しましたが…

鱈とば、一度このさざ波タイプを食べてみて!

ほんま、けっこうやみつきになりますよ☆

 

 

シェアする