お刺身OKの鯖のへしこ!食べ方いろいろ楽しめる!

f:id:sansokunowarazi:20200106170834j:plain

鯖のぬか漬け、へしこ。

へしことは、塩をした鯖をぬか漬けにした、福井県の若狭が発祥の伝統料理。

冬に水揚げされた鯖を漬け込むこと約1年、乳酸発酵した鯖へしこは健康にもとてもいい。

アンチョビのように塩のやや強めの味ながら、鯖ならではの濃厚な脂のジューシーさがあって、酒にも合うし米にも合う。

ハマったらもう抜け出せない、なかなか中毒性のある食べ物だと、わたくし虹やんは思います。

 

お刺身にできる鯖へしこは、あんまりない。

f:id:sansokunowarazi:20200106171934j:plain

衛生管理のしっかりと行き届いた蔵で造られていないと、鯖へしこをお刺身として食べることはできない。

一度も火を通されることなく約1年も漬け込まれたサバを生で食べようというのは、相当の衛生管理下でなければできないというのは、想像に難くないはずです。

ここ「ますよね」の鯖へしこはその基準を満たしており、こうして「お刺身OK」と自信をもって示しているのです。

 

虹やんは、敦賀に遊びにいったときに必ず「ますよね」に寄るのです。

f:id:sansokunowarazi:20200106173318j:plain

鯖そのものもだが、米、米こうじ、天然ミネラル塩、といった漬け素材すべてに相当こだわっており、ただ塩辛いだけの鯖へしことは全く別物のような旨みがあります。

ここ「日本海さかな街」という海鮮市場に出店されていて、他にもへしこを買える店はいっぱいあるのですが、ここのが一番おいしかった。

値段的にもそんなに他のへしこと変わらないのに、旨みが全然ちがうんです。

家庭で漬けるぬか床によって漬物の味がぜんぜん違うように、塩加減や漬け期間や温度や…いろんな要素によって、そのぬか床の味って決まるんでしょうね。

 

どんな食べ方でいきましょうか☆

外せないのが、へしこ茶漬けでしょう!

f:id:sansokunowarazi:20200106173913j:plain

なんかもう、このビジュアルだけで白飯食えそうやもん!笑

ほどよい塩味が汁に移って、たまりませんよね。

国産のアンチョビと言われるだけあって、パスタにも合う!

f:id:sansokunowarazi:20200106174044j:plain

バジルなんかも和えるとよさそうですね☆

そしてやっぱり、お刺身へしこ!

f:id:sansokunowarazi:20200106174137j:plain

せっかく刺身にできるものだから、ぬかを落としてスライスしただけのへしこを、そのままいただきましょう。

醤油とか何もいらないです、このままで十分!

 

焼く場合のコツ。

f:id:sansokunowarazi:20200106174425j:plain

浅焼きだと脂の旨みが十分に出てこないから、ある程度しっかり焼くんだけど、焦がすとダメで。

最初は加減が難しかったから、ぬかを纏ったままでオーブントースターで焼くようにすると、バッチリの焼き加減にしやすくなりました。

ぬかが部分的に黒く焦げるくらいまで焼いて、食べるときにそのぬかを落とす。

中はこんがりとジューシーに焼きあがってます。

お好みの焼き加減を追求するのも楽しいので、ちょっとずつ、いろんな焼き加減を試してみてください!

 

「ますよね」の鯖へしこ通販、こういうパックで2本届く!

f:id:sansokunowarazi:20200106174844j:plain

40センチ近い立派な1本物が2本も届くから、結構しっかり楽しめます!

賞味期限も冷蔵で1カ月と長く、保存がきくのは嬉しいですね。

お刺身もいいし、いろんな食べ方を愉しんでくださいね☆☆☆

 

 

 

シェアする