酒のアテに最高…?バイ貝の肝!そのまま食べる?煮付けにする?

赤バイ貝の肝だけが売っていました。

肝だけって…つまり巻き貝を食べたとき最後にぴょろんと出てくる、あのしっぽみたいなやつですよ。

身の部分を食べて、肝も食べる。 …というわけではなくて、肝だけ食べるというのは初めて。

ちょっと恐る恐るレポートいたします!

 

お取り寄せしたのはコチラ。

この300円台のものだけ注文したら送料がもったいないので、いつもある程度の量を注文して送料無料になるお刺身ホタルイカや、にしんのコジョウカラなどと一緒に注文しました。

さすがにバイ貝の肝だけ注文ってことはしませんよねぇ。笑

そして届いたのがコチラです。

カチンコチンで届きます。

 

バイ貝の肝、もう茹でてあるのですぐ食べられる。

これはもうすでに塩茹でされた状態で冷凍パックされてるので、解凍すればすぐ食べられる。

半日くらい冷蔵庫に移して解凍したのを、開封してそのまま食べてみた。

パックから出してみると分かるんですが、ひとつひとつがデカい。

デロリン!と出てきた、うずまき状の肝たち。

ちょっとグロい。笑

なかなかですよ、この姿は…。

注文しといてごめんなさい、ちょっと美味しそうには見えない。笑

たぶん食べてみてもエグさがあるんだろうなと想定し、焼酎ロックを用意。

あまりにインパクトのある味だった場合に、口の中をすぐにリフレッシュするためだ。

わたくし虹やん、もうすでにヒルんでますね…。

 

さて、いってきます。

はむっ。

……。

ぬぬぬ…。すんげー大味。

美味くないわけでもなく、美味くもなく…。

オレンジ色のブルン!とした部分と、灰色のザラッとした部分と、白いピラピラした部分が口のなかで合わさって…、何が何だかわからないムニョムニョした食感。

そして味は、サザエの肝のような濃厚な磯の香りなどもなく、なんというか淡泊で…。

全体として、ただムニョムニョとした食感の印象しか残らない。。。

 

うーん、これは違う。

いくら塩茹でしてあるったって、このまま食べるのは違う気がするぞ。

ということで…

 

バイ貝の肝を、煮付けにしてみた。

すこし濃いめに希釈したヒガシマル特製うどんだしに、おろししょうがチューブをプリッと。

 

味付けはこれだけ。

ここにバイ貝の肝をいれて炊いていきます。

蓋をして、弱火でコトコトコトコト…。

およそ30分で、こんな感じに。

うん、いい感じ!

味はヒガシマル特製うどんだしだもん、間違いない。笑

 

器に盛って、さて晩酌に戻りましょう。

さっきより格段にプリッとトロッとしていて、これはイイ感じ!

期待をこめて…

はむっ。

そうそう!やっぱり肝はアツアツのホクホクで食べるのが一番いい!

味は間違いない、ヒガシマル特製…(いつもしつこい)

大味だった塩茹でだけの状態から、味が入ってショウガのアクセントも効いて、なかなかいい酒の肴になりましたよ。

でも正直、サザエの肝のほうが美味しいネ!笑

 

おもしろ半分で注文してみたいシリーズです。

これは美味しいよー!ぜひ食べてみて!っていうのではなくて。

食べたことないなら、なにかの注文のついでにイイんじゃないかな?という感じ。

 

でもね、これ。 実は…

この赤バイ貝のお刺身を注文しようとしたら売り切れになってて、次に目に飛び込んだのが今回の「肝だけ」だったのです。

本当はバイ貝のお刺身が食べたかった!笑

 

そして生姜煮であれば…

肝じゃなくて身の生姜煮が同じページで売ってる!

もうもはや、バイ貝の肝だけを買う必要性があるのかどうなんだか…ちょっと分かりません。笑

 

「バイ貝の肝ってどんなん?」もしくは「巻き貝の肝が好きすぎる!」って人は、試しに注文してみてはいかがでしょう。

わたくし虹やん、やっぱりお刺身がよかったなぁ。笑

 

 

シェアする