呼子の剣先イカ活き造り!CAS凍結技術で旬も距離も関係なく全シーズン通販で食べられる!

さすがに呼子のイカが食卓に並ぶことはないでしょう…えっ!?

f:id:sansokunowarazi:20200102081620j:plain

この姿、美しすぎる…

イカの最終形態として、いちばん美しい姿じゃないでしょうか。

この透明感、うるんだ瞳、職人の飾り包丁…。

いくらなんでも、これがこの姿で自宅に届くことはないだろう、と思っていた。

f:id:sansokunowarazi:20200102085517j:plain

それが…

届くんですって。笑

もう令和だもの。

冷凍技術の飛躍的な進歩によって、これがそのまま自宅に届く時代になっているのです。

CAS凍結という技術。

その飛躍的な冷凍技術の進歩を代表するのが「CAS(セルアライブシステム)凍結」という方法。

従来の冷凍では、外側から徐々に凍っていくために体積の膨張によって細胞壁を破壊してしまい、解凍時に細胞内の旨みや水分が流れ出てしまう(いわゆるドリップ)。

CAS凍結というのは、特殊な磁場環境のなかで少しの電流を流しながら、内側からも外側からも瞬間的に凍らせてしまう技術。

細胞をほとんど傷つけずに凍結できるので、医療の分野に応用されつつあるという。

なんとなーくイメージしてしまうのが、電子レンジの凍結バージョンというか。笑

f:id:sansokunowarazi:20200102083156j:plain

このCAS凍結によって、呼子のあのキラキラのイカが自宅で食べられるようになったのです!!

全国に名を馳せる「呼子のイカ」

最高の漁場、玄界灘で一本釣りされる剣先イカは、網漁とは違って身に傷がなくて美しく、甘みが強く、そしてなにより注文後にいけすから出して捌きたての活造りを食べられるところが魅力。

だからやっぱり現地で食べるのが醍醐味なんだろうけど、佐賀県唐津市呼子まで行ける人はなかなか少ないはず。

よほど気合いの入ったイカ好きでないと、わざわざ足が向くというほどではないだろう。

f:id:sansokunowarazi:20200102084106j:plain

通販の場合のメリットもあって、いけすに入っている期間がないのでストレスのない状態の剣先イカが、水揚げ後すぐに捌かれて真空パックされ、瞬時にCAS凍結されているので、純粋な鮮度という面では呼子まで行くのと遜色ない。

f:id:sansokunowarazi:20200102085437j:plain

真空パックごと流水ですばやく解凍し、そのままの姿で器に移すだけでいい。

さすがに写真のように上手に自宅で盛り付けまでするのは難しそうなので、実際のところはこんな感じの姿になる。

f:id:sansokunowarazi:20200102090338j:plain

ちなみに値段はそんなに安くない、けどメッチャ高くもない!

いろいろ調べてみたところ、だいたい2杯で5000円ちょっとくらいが相場かな。

2500円ほどで、コタツのなかで熱燗呑みながら、この透明な呼子イカをちょいちょいとつまんで、コリコリと噛みながら目をつぶってみたり…できちゃうのだ。

ちょっと良いことがあったときや、ちょっとお祝いごとのときに、取り寄せたいですね。

普段食べるには、ちょっと高いかな?

虹やんち的には、慶事のメインディッシュにしたいと思います!

 

 

シェアする