牛とろフレークをお取り寄せ!説明通りの食べ方をしてみたら…

テレビで紹介されて話題になっている、十勝スロウフードの「牛とろフレーク」

これ、生肉なんです。

そしてトロというだけに…たまらんお味でしたよ。

ちょっといつもの通販おつまみの紹介ではないんですけど、なかなか衝撃的に旨かったので、レポートしたいと思います!!

 

お取り寄せしたのはコチラ。

見てもらうと分かるんですが、めっちゃ人気みたいです。

そしてそして…この牧場、牛へのこだわりが半端ない。。。

読み込んでいくと、もう…この牛に本気で人生かけてきたという熱意がグワッ!!と伝わってきます。

牛の健康にこだわりつづけて30年の北海道十勝清水「ボーンフリーファーム」で育った牛は、人工飼料を抑えて自然の牧草と穀物を食べ、広い敷地で放牧されていてストレスがない。

近年多い、人工飼料を使って一気に太らせていくコスト優先の飼育をせず、自然の食べ物を自然のペースのまま食べてゆっくり育った黒毛和牛なのだそうだ。

 

これは期待できるんじゃないかー??

さあ、食べましょう食べましょう!

 

牛とろフレークの食べ方。

こういう作り手のこだわりが詰まったものは、その説明の通りの食べ方をしたほうが良い。

オリジナルな食べ方をするのは、そのもっと後でいいのだ。

 

パッケージの裏側に、食べ方が書いてある。

「とにかく食べる直前まで冷凍庫!」

「凍ったままゴハンにのせて食べるべし!」

という事のようだ。

これはスピーディに準備せねばならぬ。

 

アツアツのごはんを用意し、付属のタレ、刻みネギをスタンバイさせる。

さあ、ごはんに牛とろフレークを乗せる!!!

…というところで「ん?」

すでにパッケージが開いてるやないか。

そうしたら、うちのオクサマが「あ、昨日それ食べたよ、子供たちと。」と言うではないか…。

すでにかなり減っているぅー!

もともとは、このパッケージぱんぱんに牛とろフレークが詰まっていたのだそう。

上げ底しない、飾らないパッケージなんだなぁ。

 

う~ん、「開封の儀!」をやりたかった!!

しかし、まあいい。

それよりも今は急がねばならぬ。

凍ってポロポロになっている牛とろフレークをワッシワッシを盛って…

タレをかけ、ネギをのせたらぁー、完成!!

うーん美しい!!!

 

牛とろフレーク、お味は?

ごはんの熱だけで半解凍になったのを食うべし、と書いてある。

刻み海苔の乗せ忘れに気が付いたけど、もう今が食いどきなのだ。

 

もう行くしかない。

はむっ。

んーーー!!!

うまーーい!!!!

 

半解凍でちょっとゆるんだ牛とろのヒヤッとした冷たさが、アツアツのごはんと融合していく。

口いっぱいに広がる大トロな脂の甘み。

牛の刺身のような身の旨みとなめらかさ。

生肉なのに臭みがまったくなく、脂身のしつこさもなくスッと入ってくる。

これが、こだわりの牛の味なんだなぁ。

 

そして完全にとけて、半解凍から生の状態になったものもまた旨い。

トロットロである。

これ、牛とろの手巻き寿司なんかも絶対うまいぞー!!

 

牛とろフレークと海苔というマリアージュ。

そう思うと、どうしても海苔との相性を確かめたくなった。

しかし、さっきの白米が最後の一杯だったし、ネギも使い切った。

 

でもネギは必要だな、ということで、庭で育ててるネギを一本引っこ抜いてきて即座に刻む。

そしてできたのがコレ。

なんか年季の入ったレンゲにのせてみた。笑

さっとタレをかけたら…しばし待つ。

アツアツのごはんがないから、半解凍までしばし待つのです。

 

3分待ってから…

はむっ。

うんまー!!!!!

お米がない分、牛とろの旨みがストレートに、どこにも隠れずに衝撃的にやってきた!!

そして海苔との相性…ヤヴァイです。。。 旨すぎる。

これぞマリアージュってやつです。

海苔はこれ、絶対ですね。

 

付属のタレは甘辛さとともに適度な酸味も持っていて、これが肉の旨みをさらに引き立てている。

ごはんに乗せても相当に旨いけど、

「直で牛とろフレークを食う。」

これ強烈にオススメします!!!

 

衝撃の旨さ、牛とろフレーク。

ちょっと衝撃を受けてしまった、牛とろフレークの旨さ。

これまたフレークになっていることで、自分で切る必要もなく、食べる量を加減しやすいし、めっちゃ便利。

賞味期限は発送から30日と十分にあるけど、とにかく冷凍保存が大事!とのこと。

ちなみにこれ1パックで、牛とろ丼およそ10杯分もいける量です。

幸せですよぉぉぉ、このとろける旨さの牛とろ丼が10杯だなんて…。

家族も大ヨロコビです☆☆☆

 

 

 

シェアする