数の子のプチプチコリコリ食感がしっかりしてて、かつ安いものを探した結果!

毎冬のテーマ「食感がしっかりしてて安い数の子さがし」

そうでしょ??みんなそうでしょ???

安い数の子はあるんやけど、フニャフニャくたっとしたのを食べたいわけじゃない。

安いのはもちろん嬉しいんやけど、安さが最優先事項ちゃうんです。

やっぱ、まず数の子らしいコリコリパリッとした歯ごたえがあって、かつ安いこと。

そういうのを探してるんですよ。

ここんとこ分かってます?お店やさん!

 

去年からいくつか、安いものを取り寄せてみては「あー違う、これはフニャフニャ」とか「食感は惜しいけど、この値段ならもっとパリッとせんかいぃ!」とかを重ねた結果…

ここのは良かった。

1本羽もの特選数の子「弁慶」


塩数の子弁慶 特々大500g

 

これは型崩れのない、1本羽もの。

見栄えも含めて選ぶと、やっぱりこれくらいの値段は必要なようです。

 

同時に探していた、訳あり特価の折れ数の子。


塩数の子 折れ400g 訳あり お試し価格

 

訳ありだからといって、元の数の子が変なものだったら、また結局フニャフニャくたっとしたものになっちゃうけど、これは違う。 

元々が上の特選の数の子で、それの折れたやつ。

製造過程でどうしても折れたりちぎれたりしてしまったものを集めて、こうしてパッケージしてくれているわけです。

だから、安いけど他のところで売ってる訳あり数の子とは違うのです。

 

ちなみに2kgとかもあるけど、さすがに業務用として買う人ばっかりなのかな?


訳あり塩数の子2kg

 

いや、虹やんなら2kgくらいいけそうな気がするけど。

これも元々の数の子は同じようなので、食感など含めて満足できるでしょう。

いざ届いてみると、こりゃしっかりしてる。

1本が約50gの特々大サイズだから、10本ほどです。

こういうしっかり型の崩れてない大きな立派なのは、おせちに追加したりお正月に食べたいので、味見をしたの以外は、まだとっておきます。

こっちの訳あり折れ数の子は…

冬の間パクパクと普段から食べたいなぁと思って頼んだんやけど、400gはちょっと少なすぎたか。。

おためしサイズとあって、結構すぐ食べきっちゃいました。

2kgいっとけばよかったー。

 

しっかり数の子を味わいたいという方には、この2つの注文がおすすめ!

冬ならでは、お正月前後ならではの味覚といえば、どの家庭でも数の子はかなり上位にランクインするんじゃないでしょうか。 

ちゃんとかしこまって食べるには、型も整った特選を。

普段からちょいちょい食べるには、折れ数の子を。

冬らしい味覚を、存分に味わいましょう☆☆☆

 

 

シェアする