ふぐの子糠漬けをお取り寄せして簡単アレンジ料理に挑戦!

ふぐの子(ふぐの卵巣)糠漬けは何度もお取り寄せしていて、そのままスライスして食べてはウマイウマイとやってたのですが、ちょっと手を加えたものもやってみたくなった。

そこで、ふぐの子糠漬けを使った、めっちゃ簡単なアレンジ料理をいくつか試してみようと思います!

 

お取り寄せした通販おつまみはコチラ。

いつも買ってる油与商店さん。

1パックだと送料かかっちゃうんですが、3パック購入で送料無料。

虹やん(私)はいつも1度に6パックくらい購入してます。(ハマりすぎ)

 

ふぐの子糠漬けの簡単すぎるアレンジ!

まずは、あまりにも簡単な「のせるだけレシピ!」

本っっ当にのせるだけ!簡単すぎる!笑

お好きなチーズに、適当な大きさにスライスしたふぐの子糠漬けをのせます。

ちょっとクリーミー寄りなチーズが合うみたい。

虹やんはカマンベールを適度な大きさに切り分けてのせました。

予想通りの味だろうなーと想像しながら一口。

はむっ。

おっ!最初にふぐの子糠漬けがガツン!とインパクトを与えてくるものの、徐々にそのカドをマイルドに包んでいくチーズの旨み。

口のなかでふぐの子とチーズが完全に融合したときの旨みが、それぞれ単体で食べてる時とまた別物の旨さになっていて最高…。

 

ふぐの子をのせて食べたけど、チーズに包んで食べてもこれは絶対ウマいはず!

やっぱりウマいー!

こうすると最初からふぐの子とチーズの融合した味わいで、やばいよー昇天します!

 

ふぐの子糠漬けを山芋と合わせてみた!

山芋のシャリシャリ食感を残しつつトロッとさせるために、お好みの量の山芋を包丁でトントン叩いて細かくしていきます。

かなり細かくなったところで、1スライス分のふぐの子糠漬けを加えて、全体になじむように包丁でまた少しだけトントン叩いたらできあがり。

これもまた簡単。

これをどう食べるかというと…

お造りに添えます!

ふぐの子糠漬けの塩気が効いてるので、これをお醤油の代わりにすくって食べると美味しいのです。

マグロやカツオなんかの赤身のお魚が合いますねぇ。

この日はカツオのたたきが安かったので、それに添えました。

これくらいの量でも、十分に旨みと塩気を感じることができますよ!

そしてお刺身そのものの旨さに包まれた、ふぐの子と山芋のシャリシャリぷちぷち感と、糠の豊かな香りがふわーっと広がってきて、悶絶レベルの旨さになります。

こりゃー旨い!酒だ酒ぇぇー!

ちなみに、そのまま食べてもかなーり旨いです!

 

ふぐの子糠漬けのアヒージョ!

お手軽なスキレットを使って、アヒージョにも挑戦!

オリーブオイルにチューブにんにくを溶いて、しめじ、ブロッコリーだけでクツクツします。

ふぐの子糠漬けについてる糠をすこし溶かしたら香りも抜群。

すこし具がくたっとしてきたら、ふぐの子糠漬けのスライスをのせて、最後にもうすこしだけクツクツしたら完成ですね、簡単!

すっきりめのワインや日本酒が合いますねー!

酒が進む進むぅー!!

 

まだまだアレンジは無限にできるはず!

簡単にできそうなものを試しにやってみましたが、まだまだアレンジの幅は無限にありそう。

パスタの具にしたり、バター味噌にしたり、ホタテに挟んで少し炙ったり…

わー想像するとヨダレ出てくる!

 

単体でももちろんおいしい、ふぐの子糠漬け。

アレンジもぜひやってみてください!

 

 

 

シェアする