梅水晶の簡単アレンジ!ネバネバ系と相性がいいみたい!

梅水晶が家にあるのだが、何かちょっと簡単なアレンジができないかと思いながらスーパーに行くと、あった!

ちょっと以前からやりたいと思っていた、オクラめかぶと混ぜ混ぜして食べる方法。

オクラめかぶのこんな簡単なパックがあったので、早速試してみました!

 

そもそも梅水晶とは何?

梅水晶って聞きなれない方も多いと思います。

これは呑んべぇの中でも知る人ぞ知る、絶品おつまみなのです。

サメ軟骨と梅肉を和えたもので、抜群のコリッコリ歯ごたえと梅の旨みが効いた、たまらんやつなんです!

そのまんまでも抜群のウマさなんですが、せっかく業務用の大容量のものを買ったので、ちょっとアレンジもできたらなーと思いまして。

とはいえ、呑む前にあんまりアレコレと手の込んだものを作るような性格でもないんで、今回はなんと!

混ぜるだけ!!! (きっぱり)

ずぼらアレンジ、いっときましょう!

 

オクラめかぶ、ネットでも手に入る?

虹やん(私)はちょっと寄ったスーパーにちょうど置いてあったので、さくっと買って帰れましたが、これってネットでも気軽に手に入るんでしょうか。

ネットで気軽に手に入るネバネバ系、ちょっと調べてみました。

なんと!

虹やんが買ったお手軽なものより、やたらと栄養価高そうなものが出てきました!笑

しかしシンプルにめかぶとか、カットおくらとかは出てこなかったですね。意外でした。

この栄養価高そうなやつ、なんかおいしそうですね。悔

 

まあ今回は、気軽に!ということで、スーパーに偶然あったものでいきます!

 

梅水晶とオクラめかぶ、混ぜ混ぜしてみた!

梅水晶の業務用パックは500gあるので、1食分(およそ50g)ずつ解凍しやすいように小分け冷凍しています。

梅水晶 小分けして冷凍すると便利

今回はこれ1つ50gと、オクラめかぶ50gを混ぜ混ぜしていきます。

冷蔵庫に移して数時間の解凍された梅水晶に、オクラめかぶをドバッ。

これをほらっ、おもむろにガガガッと混ぜていきましょう。

梅水晶アレンジ オクラめかぶと激しく混ぜ混ぜ!

コロナ自粛のうっぷんとか、むかつく課長のこととか、嫁さん旦那さんへのイライラとかをここにぶつけたい場合は、もうちょい大きめの丼で混ぜ混ぜしてください。

 

さあ。

「あっ!」という間にできあがりですよ。笑

 

梅水晶とネバネバ系は相性いいかも!

ビールを用意して、いきます。はむっ。

というか、ずばばばばば!!!という感じですね。

お? 結構いいぞ?

驚きはないものの、相性はかなりいいかもしれない。

サメ軟骨のコリッコリ食感と、しっとり梅肉のほんわかした食感の間を埋めるような、ザクザクとろろんとしたオクラめかぶの食感。

このいろんな食感が一気にきて、やばい口内が楽しすぎる。

 

お味のほうは、サメ軟骨、梅肉、飛魚の卵、オクラ、めかぶ、が合体して、どれ一つとしてケンカせずに融和していますよ。

これだけ色々加わったら、どれかしらが主張しちゃってバランス崩すことも多いと思うけど、この組み合わせはいいみたい。

シンプルにおいしい。

なんか、梅水晶のときは日本酒がぴったりとハマるんだけど、オクラめかぶが加わることによって一気に大衆的な味になってくれてる。

ビール、合いますよ。

あっかーん、止まらん!

梅水晶を山芋と合わせてみた!

また別の日、山芋が冷蔵庫にあったから、すりおろして合わせてみました!

すりおろした山芋に、解凍した梅水晶をぽとん。

そしてがッと混ぜます!

まだまだ混ぜます!!

おりゃー!!!

気泡をたくさんはらんでフワッとした梅水晶。

さあ食べてみます。

ちゅるっ。

 

お!これもいいかも!

梅の風味は少しマイルドになってて、フワフワのとろろのなかにシャキシャキしたサメ軟骨の食感がすこしなめらかに感じられ、飛魚の卵のプチプチは逆に存在感を増して感じられる。

味はすこし薄まった感覚になるので、少しだけ濃縮白だしを希釈せずにちょろっと加えるとメチャ旨になりました!

これまた超簡単なのでぜひー!

 

梅水晶アレンジレシピ、いろいろ挑戦してみてください!

こんな簡単な混ぜるだけレシピでも、こんなにおいしく仕上がってくれる梅水晶のポテンシャルって、すごいですね。

我が家はあと残り3食分、そのまま食べるか?アレンジ挑戦するか?

あなたもぜひ色々試してみてください!

 

 

シェアする