プラレール回転寿司で子供たち大喜び!やり方は何でもOK♪

どこかで聞いたことがあって、やってみたいなーと思っていた「プラレール回転寿司」。

子供たちがしきりに「回転寿司いきたいぃー!」とか「流しそうめんやってみたい!」とか言うので、なにか楽しめる仕掛けをプラレールで作れるかな?と考えていたところ…

ついにチョーナンがしびれを切らして、キッチンとダイニングをレールでつないで回転寿司レーンを作ってしまった。

床に。笑

そして「お父さん!はやくやろう!」と言うのだ。

仕方なく、お父さん(私)は立ち上がった…。

 

 

プラレールの貨車と、レゴブロック。

プラレールの貨車に、のせる面積を広げるためにレゴブロックを組み合わせて、貨車と輪ゴムでとめただけの簡単なしくみ。

プラレール回転寿司
たぶん上面が平らな貨物型のコンテナ貨車がいちばんプラレール回転寿司に向いてるかも。

 

さて。

いきなり回転寿司と言われても家に寿司なんか無いので、試しにソバやパンを乗せて運行開始。

おー!こんな簡単な作りでも、なんとかうまくいってる!

そうめんも乗せて運行させ、これで「流しそうめん」とすることでチョーナンには納得してもらった。笑

 

コーフンしてきてパーティーメガネをかけるチョーナンとジナン。

思ってた以上に楽しかったらしく、めっちゃ喜んでくれた!

そして予想通り「夜もやろう!」と言い出した。

 

今度こそ、プラレール回転寿司!

プラレール回転寿司

夜ごはんは、手巻き寿司でプラレール回転寿司をすることにしました。

もうさすがに床で食事というのは嫌だったので、洗ったプラレールを食卓に設置。

狭いテーブルでは、めっちゃシンプルなレイアウトになりますが、十分です。

 

最初から全部巻き終えてても良いのですが、巻きながら乗せるのはモタモタするのでダメですね。

子供たちが待てない。

そこで登場、海苔カップ!
お弁当用の海苔カップに、ちょこんとご飯をのせ、子供の好きな具をポン乗せして、運行開始!

 

手元にストップレールを設置して、2歳のジナンにも安心して取れるようにしました。

 

子供たちの好きなネギトロ巻きや、たまにゼリーなんかも流します。笑

普段は食の細いジナンも、楽しさのおかげでパクパク!

大成功でございましたー!!

 

たまにはいつもと違うことを。

あまりこれにハマられても大変なんですが。笑

たまには気分を変えて、子供たちの遊び心に寄り添った食事をしてみるのもイイですね!

やり方によっては、普段食べられないものを食べられるようになったり。

子供たち自身も新しい発見をするし、楽しんでくれてる子供のすがたは親も嬉しい。

これからもたまに、遊びのような食事、やってみようと思います!

 

 

シェアする